資料請求

社会と、地域と、つながる人へ。

社会学部

FACULTY OF SOCIOLOGY
2018年4月設置

地域に寄りそい、出会いをつなぐ

コミュニティデザイン学科

Dept. of Community Design

社会を見つめて、未来につなぐ

現代社会学科

Dept. of Sociology
社会と、地域と、つながる人へ。
社会学部
Faculty of Sociology

学部コンセプト

学びは出会いの中にある。
社会へ飛び出し、
未来へとつなげよう。

豊かで便利な社会のように見える日本。しかしその裏にあるのは、少子高齢化、地方の過疎化、経済格差、自然災害…たくさんの社会問題が進行し、困っている人々がいます。本当の豊かさとは何なのか?それは、人や地域がもっとつながって“ともに生きる社会”のなかで見出せるものではないでしょうか?そのためにも、困っている人々に「寄り添う心」を原動力に、「人と人をつなぎ、問題を解決する力」を身につけたい。人と人、人と地域、お互いが敬いあい、支えあい、ともに生きていく、これからの社会を創造する人をめざして。

学びのサイクル

社会の中のあらゆる
出来事が研究テーマ。
学びのサイクルを循環し、
課題解決力を養います。

テーマについて「話し、聞き、見る」「調べる、読む、まとめる」「伝える、見返す、やり直す」のプロセスを経験します。
そのなかで、課題の「発見」「整理」「共有」「解決に向けた協働」のサイクルを実践し、課題解決力を養います。

学びの特色

地域のおもしろいに出会おう。
全員が1年次から参加する
プロジェクト型の学び。

社会や地域とつながる学びの活動拠点「コミュ・ラボ(地域連携室)」。
大学を飛び出して、地域にある課題を知り、調査し、魅力を考え、解決するための方法をみんなで考えていきます。ワークショップやイベント運営、情報発信などの活動を通じて、実践力を身につけます。

地域に寄りそい、出会いをつなぐ
コミュニティ
デザイン学科
Dept. of Community Design
コミュニティデザイン学科について

コミュニティデザイン学科について

地域課題に直接ふれ、
解決する「実践力・課題解決力」
を養う

地域政策学コース

キーワード

まちづくり / 市民参加 / 情報発信 / 復興支援 / マーケティング /
コミュニティラジオ / 過疎化 / NPO / ボランティア
実際に地方自治体などと協力しながら、住民の声を直接聞き、課題を見つけ出して解決方法を導き出します。また、地域の魅力を掘り起こし、メディア制作や発信を通じて活性化をサポートする力を身につけます。

社会福祉学コース

キーワード

地域福祉 / 障害者福祉 / 高齢者福祉 / 児童福祉/
貧困 / 行政サービス
高齢者が集まるサロンなど、福祉や介護の現場に足を運び、どのような問題がなぜ起きているのかを調査します。同時に福祉の専門力を身につけて、これらの課題を解決するために必要な社会の仕組みを考えます。
学べること

学べること

POINT
1

大学を出て、地域を訪れ、
課題を探す。
現場主義の学び

POINT
2

演習(ゼミ)を中心とする、
プロジェクト型
学習

POINT
3

人と会う、聞く、話す、
実践力が身につく
4年間

地域におけるさまざまな課題に
向きあい、まちづくりや
福祉の相談・援助など、実践的な
手法を学びながら解決の方向を
見出していきます。

テーマ別

例えば‥

カフェが福祉になる?
“磨いていく”学びの力
暮らしの課題
向き合う、福祉の専門力
福祉の力を身につけて、
社会を支える。地域を支える。
「カフェが福祉になる」なんて、意外かもしれません。少子高齢化が進む今、福祉・介護福祉の現場ではさまざまな取組が行われています。たとえば、障がい者の就労を支援するカフェや農園、高齢者が集まるサロンや地域のイベント。学びの中で、実際に現場に足を運び、必要とされる仕組みを考えます。
過疎地域に
若者を定住させるには
“磨いていく”学びの力
地域・住民の力を
引き出す、
地域創造の専門力
住民の声を直接聞いて、
これからの暮らしをつないでいく。
若者が定住しない過疎地域、住民の交流が生まれづらい都市郡、シャッター商店街化が進む郊外地。今、地域の課題と向き合い、応える力が求められています。住民の声を直接聞き、問題を見つけ出し、解決へと導いていく。そんな学びを、地域の自治体や役所の方々と協力しながら実践していきます。
地域の隠れた
人気店を発信!?
“磨いていく”学びの力
地域の資産や
財産を発信する力
地域のおもしろさを発見!
地域の魅力を発信していく。
地域のお祭りや催し事、また隠れた人気店など、地域には知られざる魅力が眠っています。そんな地域の情報を掘り起こし、発信していく人を目指す学びがあります。コミュニティラジオやコミュニティ紙、ウェブサイトなどのメディア制作・発信を通じて、地域の入り口づくりをサポートする力を身につけます。

このゼミがおもしろい!

地域政策学コース
酒井ゼミ
「地域の課題への情報技術による取り組み」をテーマに学びます。W E B・S N S による情報発信、小型端末を用いた情報伝達、センサーデータの活用などの技法を用い、問題解決のための提案・実践を目指します。
大原ゼミ
京都市北区中川をフィールドに「山間地域の『くらし』や『しごと』を知り未来を考える」をテーマに学んでいます。地域の方を訪問して聞き取りを行ったり、サロン活動で交流を深めたり「地域とともに」が合言葉です。
社会福祉学コース
鎌谷ゼミ
「当たり前」や「一般的に言われている」に捉われず、自分自身で考えることを求めるゼミです。目の前で起こっている事象を正面から捉えるだけでなく、斜め方向や裏側からも捉えられる人物の養成を目指します。
中野ゼミ
「貧困問題とソーシャルワーク」をテーマに学んでいます。第3学年時のゼミ合宿では各自の卒論テーマについて一日中議論することも。また教室を飛び出して、施設見学や講演会・ボランティアへの参加も行っています。

ピックアップ授業

Pick up.1
ボランティア論
Pick up.1
ボランティア論
「様々な地域課題を解決するために私たち一人ひとりは何をすべきなのだろう?」を考える授業です。地域で活動するゲストスピーカーの「ナマの声」や、ボランティアへの参加、グループワークなどによって学びを深めます。
Pick up.2
社会福祉援助技術現場実習指導Ⅱ
Pick up.2
社会福祉援助技術現場実習指導Ⅱ
ソーシャルワーカーの国家資格「社会福祉士」受験資格取得に必要な授業。社会福祉施設で実習するために、現場実践経験のある指導者の下で実習の目的や課題を学びます。
卒業後の主な進路

卒業後の主な進路

公務員

社会起業家

社会福祉施設・医療機関

NPO・NGO

社会を見つめて、未来につなぐ
現代社会学科
Dept. of Sociology
現代社会学科について

現代社会学科について

社会現象を的確にとらえ、社会と
人の関係や
問題と向き合う
「探求力・課題解決力」を養う

人間関係

公共社会

現代文化

学べること

学べること

POINT
1

幅広いテーマを、
自由かつ柔軟に
探求する学び

POINT
2

演習(ゼミ)や、
プロジェクト型研究などの
アクティブ・
ラーニング

POINT
3

現代社会に求められる、
調査・分析力
身につく
4年間

学生の興味・関心のある、
あらゆることが学びの対象です。
自由なテーマ設定のもと、社会学の専門的
なものの見方、フィールドワーク、
社会調査、分析方法を学んでいきます。

テーマ別

例えば‥

SNSは楽しい?つらい?
- 人間らしいつながりへの
工夫と苦労を考える -
“探求していく”学びのテーマ
人間関係
例えば…家族・友人などの小集団・
ネットワークを対象に、人の心と絆に
ついて考えます。
LINEやTwitterなどのSNS。簡単に人間関係が築けるツールとして便利な反面、いじめの原因になったり、リアルな人間関係が苦手になったりする危険性も。そうした現代の人間関係やコミュニケーションの在り方について、社会調査や文献などを通じ、社会病理・社会心理の視点から理解を深めます。
アニメの聖地巡礼から
読み取る
- 新しい人と世界のカタチ -
“探求していく”学びのテーマ
現代文化
例えば…アニメの聖地巡礼だけでなく、
お祭り、スポーツ、ファッションも
現代文化。
その普及や流行の背景を考えます。
アニメの舞台を旅したり、ゲームを通じて現実世界を見たり、アニメ、マンガ、ゲームの世界は私たちとの日常とつながっています。ポップ文化のフィクションにこそ、リアリティを感じる人も多いのでは?そうした現代文化の創造者かつ消費者である現代人の今を、社会学の視点から読み解きます。
見えにくい女性の
貧困問題
-その社会的原因を見つめていく-
“探求していく”学びのテーマ
公共社会
例えば…貧困問題や人権問題など、
社会と個人の折り合いをめぐる
事柄について考えます。
女性の社会進出が重視されているものの、男女間の賃金格差や正規雇用の不均衡など、女性は不平等な環境や制度の中に置かれています。実は、貧困の原因のほとんどは、「個人」ではなく「社会」にあります。そうした社会問題の実態を調査・分析し、解決のための糸口を探り出していきます。

カスタマイズできる授業選択モデル

第1学年では社会学の考え方や
調査方法の基礎を学びます。
第2学年と第3学年では興味関心に合わせた
<視点><題材><方法>を選択。
それに応じた授業選択モデルを
カスタマイズして、主体的に学びます。
第4学年では学びの集大成として
卒業研究に打ち込みます。
<視点>
公共社会
現代文化
人間関係
「公共社会」「現代文化」「人間関係」の3つから選択。「公共社会」は現代社会の出来事を手がかりに、社会と個人の関係を捉える視点です。「現代文化」は文化現象を手がかりに、時代の変化を捉える視点です。「人間関係」は、対人関係のことを手がかりに、コミュニケーションのあり方などを捉える視点です。
<題材>
グローバル化
環境問題
ファッション
スマホ依存
少年犯罪
アニメ
社会学の題材(テーマ)は無限大です。「グローバル化」や「環境問題」といった国際的で大きなテーマから、「ファッション」や「スマホ依存」といった個人的で身近なことまで、あらゆることが研究対象になりえます。
<方法>
聞き取り
観察法
アンケート調査
ソーシャル・
ドキュメント分析
文献資料
講読
メディア・コミュニケーション分析
データ収集のための<方法>は、「聞き取り」「観察法」「アンケート調査」「ソーシャル・ドキュメント分析」「文献資料講読」「メディア・コミュニケーション分析」などから、自分に合ったものを選択します。

学びたいテーマや学び方を
研究できるおもしろさがある

CASE
1
現代文化
アニメ
メディア・コミュニ ケーション分析
オタク文化から
社会のありようを探る
/ 柴田みゆき教授
世界遺産に登録されたスイスの鉄道で、日本制作の萌えキャラが正式採用されました。何故キャラクターにこのような力があるのか、現代日本のオタク文化を中心に考えます。
おすすめ授業ピックアップ
  • ・現代文化論
  • ・文化人類学
  • ・消費社会論
  • ・アジア社会論
  • ・観光社会学
  • ・情報と倫理
  • ・大衆文化論
  • ・スポーツと社会
CASE
2
公共社会
グローバル化
ライフ・
ストーリー分析
みんなが共に暮らせる社会を
身近な切り口から探究する
/ 田中正隆准教授
公共性や市民社会に縛られずとも、みんなに関わる身近な関心に対応します。学生は、「都市伝説」「匂いの歴史」「男女間のD V 」などを調べています。
おすすめ授業ピックアップ
  • ・個人と公共
  • ・地方自治論
  • ・社会問題論
  • ・情報社会論
  • ・地域社会論
  • ・グローバリゼーション論
  • ・市民活動論
  • ・犯罪と社会
CASE
3
人間関係
少年犯罪
ソーシャル・
ドキュメント分析
「分断」された人間関係が
社会の闇を生んでいく
/ 渡邊拓也准教授
高い「コミュ力」を求められる一方で「お一人様」向けサービスが充実していく現代社会。犯罪やこころの問題から、現代とはいかなる時代かを見つめ直していきます。
おすすめ授業ピックアップ
  • ・人間関係論
  • ・社会心理学
  • ・現代家族論
  • ・比較心理学
  • ・ジェンダーと社会
  • ・現代社会とコミュニケーション
  • ・教育社会学
卒業後の主な進路

卒業後の主な進路

公務員

社会起業家

販売・サービス

銀行・金融・保険

一覧へ