資料請求

社会と、地域と、つながる人へ。

社会学部

2018年4月新設予定 設置届出中
※設置される学部・学科の名称・内容などは予定につき、
変更される場合があります。

地域に寄りそい、出会いをつなぐ

コミュニティデザイン学科

Dept. of Community Design

社会を見つめて、未来につなぐ

現代社会学科

Dept. of Sociology
社会と、地域と、つながる人へ。
社会学部
Faculty of Sociology

学部コンセプト

学びは出会いの中にある。
社会へ飛び出し、
未来へとつなげよう。

豊かで便利な社会のように見える日本。しかしその裏にあるのは、少子高齢化、地方の過疎化、経済格差、自然災害…たくさんの社会問題が進行し、困っている人々がいます。本当の豊かさとは何なのか?それは、人や地域がもっとつながって“ともに生きる社会”のなかで見出せるものではないでしょうか?そのためにも、困っている人々に「寄り添う心」を原動力に、「人と人をつなぎ、問題を解決する力」を身につけたい。人と人、人と地域、お互いが敬いあい、支えあい、ともに生きていく、これからの社会を創造する人をめざして。

学びのサイクル

社会の中のあらゆる
出来事が研究テーマ。
学びのサイクルを循環し、
課題解決力を養います。

テーマについて「話し、聞き、見る」「調べる、読む、まとめる」「伝える、見返す、やり直す」のプロセスを経験します。
そのなかで、課題の「発見」「整理」「共有」「解決に向けた協働」のサイクルを実践し、課題解決力を養います。

学びの特色

地域のおもしろいに出会おう。
全員が1年次から参加する
プロジェクト型の学び。

社会や地域とつながる学びの活動拠点「コミュ・ラボ(地域連携室)」。
大学を飛び出して、地域にある課題を知り、調査し、魅力を考え、解決するための方法をみんなで考えていきます。ワークショップやイベント運営、情報発信などの活動を通じて、実践力を身につけます。

地域に寄りそい、出会いをつなぐ
コミュニティ
デザイン学科
Dept. of Community Design
コミュニティデザイン学科について

コミュニティデザイン学科について

地域課題に直接ふれ、
解決する「実践力・課題解決力」を養う

地域政策学コース

社会福祉学コース

学べること

学べること

POINT
1

大学を出て、地域を訪れ、
課題を探す。
現場主義の学び

POINT
2

演習(ゼミ)を中心とする、
プロジェクト型
学習

POINT
3

人と会う、聞く、話す、
実践力が身につく
4年間

地域におけるさまざまな課題に
向きあい、まちづくりや
福祉の相談・援助など、実践的な
手法を学びながら解決の方向を
見出していきます。

テーマ別

例えば‥

カフェが福祉になる?
“磨いていく”学びの力
暮らしの課題
向き合う、福祉の専門力
福祉の力を身につけて、
社会を支える。地域を支える。
「カフェが福祉になる」なんて、意外かもしれません。少子高齢化が進む今、福祉・介護福祉の現場ではさまざまな取組が行われています。たとえば、障がい者の就労を支援するカフェや農園、高齢者が集まるサロンや地域のイベント。学びの中で、実際に現場に足を運び、必要とされる仕組みを考えます。
過疎地域に
若者を定住させるには
“磨いていく”学びの力
地域・住民の力を
引き出す、
地域創造の専門力
住民の声を直接聞いて、
これからの暮らしをつないでいく。
若者が定住しない過疎地域、住民の交流が生まれづらい都市郡、シャッター商店街化が進む郊外地。今、地域の課題と向き合い、応える力が求められています。住民の声を直接聞き、問題を見つけ出し、解決へと導いていく。そんな学びを、地域の自治体や役所の方々と協力しながら実践していきます。
地域の隠れた
人気店を発信!?
“磨いていく”学びの力
地域の資産や
財産を発信する力
地域のおもしろさを発見!
地域の魅力を発信していく。
地域のお祭りや催し事、また隠れた人気店など、地域には知られざる魅力が眠っています。そんな地域の情報を掘り起こし、発信していく人を目指す学びがあります。コミュニティラジオやコミュニティ紙、ウェブサイトなどのメディア制作・発信を通じて、地域の入り口づくりをサポートする力を身につけます。
卒業後の主な進路

卒業後の主な進路

公務員

社会起業家

社会福祉施設・医療機関

NPO・NGO

社会を見つめて、未来につなぐ
現代社会学科
Dept. of Sociology
現代社会学科について

現代社会学科について

社会現象を的確にとらえ、社会と
人の関係や
問題と向き合う
「探求力・課題解決力」を養う

人間関係

公共社会

現代文化

学べること

学べること

POINT
1

幅広いテーマを、
自由かつ柔軟に
探求する学び

POINT
2

演習(ゼミ)や、
プロジェクト型研究などの
アクティブ・
ラーニング

POINT
3

現代社会に求められる、
調査・分析力
身につく
4年間

学生の興味・関心のある、
あらゆることが学びの対象です。
自由なテーマ設定のもと、社会学の専門的
なものの見方、フィールドワーク、
社会調査、分析方法を学んでいきます。

テーマ別

例えば‥

SNSは楽しい?つらい?
- 人間らしいつながりへの
工夫と苦労を考える -
“探求していく”学びのテーマ
人間関係
例えば…家族・友人などの小集団・
ネットワークを対象に、人の心と絆に
ついて考えます。
LINEやTwitterなどのSNS。簡単に人間関係が築けるツールとして便利な反面、いじめの原因になったり、リアルな人間関係が苦手になったりする危険性も。そうした現代の人間関係やコミュニケーションの在り方について、社会調査や文献などを通じ、社会病理・社会心理の視点から理解を深めます。
アニメの聖地巡礼から
読み取る
- 新しい人と世界のカタチ -
“探求していく”学びのテーマ
現代文化
例えば…アニメの聖地巡礼だけでなく、
お祭り、スポーツ、ファッションも
現代文化。
その普及や流行の背景を考えます。
アニメの舞台を旅したり、ゲームを通じて現実世界を見たり、アニメ、マンガ、ゲームの世界は私たちとの日常とつながっています。ポップ文化のフィクションにこそ、リアリティを感じる人も多いのでは?そうした現代文化の創造者かつ消費者である現代人の今を、社会学の視点から読み解きます。
見えにくい女性の
貧困問題
-その社会的原因を見つめていく-
“探求していく”学びのテーマ
公共社会
例えば…貧困問題や人権問題など、
社会と個人の折り合いをめぐる
事柄について考えます。
女性の社会進出が重視されているものの、男女間の賃金格差や正規雇用の不均衡など、女性は不平等な環境や制度の中に置かれています。実は、貧困の原因のほとんどは、「個人」ではなく「社会」にあります。そうした社会問題の実態を調査・分析し、解決のための糸口を探り出していきます。
卒業後の主な進路

卒業後の主な進路

公務員

社会起業家

販売・サービス

銀行・金融・保険

一覧へ